• 超人気声優 浪川大輔の私物をGETしよう!! 
  • 義風対談 置鮎龍太郎・関智一
  • 義風堂々 Web語り
  • 加藤和樹 特別インタビュー
  • 山寺宏一 特別インタビュー
  • 『義風堂々』レコーディング取材
z
山寺宏一 特別インタビュー
  • 早速ですが、『義風堂々! !』という作品の印象は?
    • 山寺:原・武村ワールドというか(笑)、すごい世界が展開されていますよね。普通の時代物とは違う、かなり濃い世界が展開されていて、参加させていただいて光栄です。
  • 以前、『蒼天の拳』の霞拳志郎役もされていましたが、原先生とはお会いしたことはあるのでしょうか?
    • 山寺:実は原先生とは同い年で、『蒼天の拳』の時に共に出演してた角田信朗さんと3人で焼き肉を一緒に食べに行ったこともありました。
  • では、今回の『義風堂々! !』にも入り込みやすかったのでは?
    • 山寺:今回の『義風堂々! !』のテーマである“義”というものは、『蒼天の拳』もそうですが、原先生の作品に貫かれているテーマのひとつだと思いますので、そういう意味では入りやすかったですね。
  • そして今回、山寺さんは織田信長役を演じられています。
    • 山寺:いろいろな織田信長像というのがあると思うのですが、カリスマ性であったり、豪快さであったりというものは『義風堂々! !』の信長が最も濃いかもしれないですよね。あと好きな武将というのは皆さんさまざだとは思いますが、声優であれば、織田信長という役は一度は演じてみたい人物だと思うんです。だから光栄ですね。
  • 今回は、アフレコが終わられた後にインタビューさせていただいているのですが、音響監督から何か織田信長を演じられるにあたって、指示などはあったのでしょうか?
    • 山寺:最初に演じたときに、ちょっと真面目すぎたみたいで、音響監督からはもっと不良っぽく、ざっくり言うとワルな感じを漂わせてほうがいいと言われましたね。「なるほど! この作品はもっとやっていいんだ!」と思いました(笑)。だから、押さえるところは押さえつつ、ワルの要素も入れて演じてみました。
  • 時代物として演じる際に何か気を付けたところはありますか?
    • 山寺:今回の『義風堂々!!』はそういうことはあまり気にしないように演じています。もちろんセリフはあの時代の言葉になっているのですが、時代物ということを意識しすぎてしまうとこの作品らしさがなくなってしまう気がするんです。
  • とはいえ、やはり現代の言葉とはセリフ回しは違いますよね。
    • 山寺:そうですね。例えば「おらぬものよ」なんて、今は言わないですよね。だからこそなのかもしれませんが、こういう現代の言葉とは違う言葉は響きが美しいので、言っていて気持ちいいですし、声優として声に出すことが楽しい。この作品はそうやって自分のセリフにちょっと酔ってもいいんじゃないかなと思います(笑)。
  • 本当にさまざまな役柄を演じることが多い山寺さんですが、今回の織田信長役といい、今年でいうと『宇宙戦艦ヤマト2199』のアベルト・デスラー役など、大人の男を演じられることが多いですよね。
    • 山寺:確かにここ最近は大人の役柄をいただけることが多くて光栄ですね。でも青春、恋愛物のナチュラルなキャラクターとかもやりたいですけどね(笑)。まだできると思うんですけど、来ないですね。
  • では最後にアニメ『義風堂々!!』のこんなところを見てほしいというところはありますか?
    • 山寺:『コミックゼノン』を読んでいる方は、もちろん原作を読まれていると思うのですが、好きなマンガ作品って、頭の中ですでに自分なりのキャラクターの声が聞こえていると思うんです。だからアニメになるとイメージと違う、ということもあるわけで。なので、僕が演じているアニメの織田信長の声がしっくりきた、と思ってくれればうれしいです。主役の浪川(大輔)くんと佐藤(拓也)くん、そして参加している声優は楽しみつつも、一丸となって取り組んでいますので、ぜひアニメならではの『義風堂々!!』を楽しんでいただければと思います。