Back

背景1

背景2

背景3

背景4

仙桃院 上杉謙信 妙姫 前衛前久 織田信長 上杉景虎 上杉景勝 新発田重家 大陽院 柴田勝家 伴太郎左衛門 直江景綱 お船 直江兼続 前田慶次 前田利家 徳川家康 服部半蔵 中西次郎坊 茂助 豊臣秀吉 志乃 井伊直政 下坂左玄 白雲 樋口兼豊 大谷吉継 乱裁道宗 本間高季 本間高統 清音 石田三成 島左近 伊達政宗 片倉小十郎 薄雲 莫逆の友

景勝の実母。謙信にとっては、同腹の姉であり母ともいうべき存在。越後の長尾政景に嫁いでいたが、夫の死後は髪を下ろし、仙桃院と称した。兼続には幼い頃から目をかけ、景勝の小姓として育て上げた。

先代の上杉家盟主。「越後の龍」と呼ばれるいくさの天才で、内乱続きだった越後を統一し、国主となった。いっぽう、家臣団をまとめるため、自らを「毘沙門天の化身」と称し、生涯不犯の誓いを立てていた

兼続の実母。大陽院と前久の実妹。生涯不犯を誓っていた謙信と密かに結ばれ、一人の赤子を宿す。その子が後の兼続となるが、謙信の落胤であるという事実は秘中の秘とされた。その後、自身は若くして病没してしまう。。

前関白。謙信の盟友だったが、その過去を捨て、己の夢を信長に託した。前久の妹・妙姫が謙信と結ばれた末に誕生したのが兼続で、叔父にあたる前久とどこか面差しが似ている。菩薩像を預かる大陽院は実の姉

戦国最強のいくさ人。戦乱の時代には、謙信の武人としての力量を認め、上杉家の存在を最も警戒していた。その後、天下をほぼ手中に収めたが、本能寺で明智光秀に謀反を起こされ、波瀾の生涯を終える。

謙信の養子で、実父は相模の虎と呼ばれた戦国大名・北条氏康。謙信の没後、同じく養子であった景勝との間に家督を巡る対立が起き、その争いは天正6年(1578年)の御館の乱に発展することになる。

謙信の後を継いだ上杉家の盟主。謙信の甥にあたる。幼少時から小姓として仕えていた兼続が、実は謙信の嫡子だと知るが、それでも共に生きていく道を選び、揺るぎない絆で結ばれている。義に厚い信念の漢。

北越の勇将。上杉家の家臣だったが、御館の乱の恩賞に不満を抱き、天正9年(1581年)に上杉からの独立を宣言。その後、景勝は越後統一を阻み続ける重家の存在に、長きに渡って頭を悩ませることになる。

妙姫の姉。第十三代将軍・足利義輝の正室だったが、夫亡き後は近衛家代々の御影を祀ることを余生の務めとするべく尼僧に。甥にあたる兼続の秘密を守るため、次郎坊から届けられた菩薩像を京の近衛邸内で預かっている。

織田家に古くから仕える猛将。信長の配下となってからは各地を転戦し、数々の武功を上げる。元々秀吉と反りが合わなかったが、本能寺の変で信長が命を落とすと、主導権を巡る対立がさらに激化する。

信長抱えの忍び。本能寺の変で信長と共に死んだと思われていたが、兼続の出生の秘密が隠された地蔵菩薩像を密かに託され、ある墓地に秘匿。やがて、それを競い探していた次郎坊と左玄の前に姿を現す。

政治手腕に長けた上杉家古参の重臣。謙信からの信頼が厚く、重用されている。兼続が謙信の落胤であることを知り、その秘密を守るために隠し銀山奉行・樋口惣右衛門に赤子を託す。

兼続の妻。謙信の重臣だった直江景綱の一人娘で、直江家の跡取りとして婿に迎えた直江信綱の妻となるが、ほどなくして夫が死去。天正9年(1581年)に景勝の命で直江家を相続することになった兼続と婚姻を結んだ。

天衣無縫の傾き者にして上杉家の軍師。上杉家の現盟主・景勝と固い絆で結ばれ、共に数々の修羅場をくぐり抜ける。生涯不犯と言われていた上杉謙信の落胤だが、その事実はごく限られた者しか知らず隠し通されている。

兼続の莫逆の友。天下御免の傾き者として乱世にその名を轟かせた剛勇。戦乱の中で兼続と出会い、やがて互いに義の心を認め合う唯一無二の関係に。前田家を出奔してからは、兼続と行動を共にするようになる。

加賀藩百万石を治める大名で、家康らと共に五大老の職に就く権力者。慶次の叔父にあたる人物だが、その傾きぶりにほとほと手を焼いており、突飛な行動の責任など負わされないよう距離を置いて接している。

徳川家の当主で五大老の一人。「海道一の弓取り」の異名を持つ名武将。秀吉亡き後は、策謀を巡らせて自らの権力拡大を図る。兼続の知略に一目置いていたが、存在感が増すに連れ、やがて危険視するようになる。

伊賀忍軍の頭領。家康の指令で兼続の出生の秘密を握る地蔵菩薩を探索。そんな中、同じ任に就いていた下坂左玄の力量を目の当たりにし、自身直轄の忍軍を左玄に率いさせて、菩薩像探索にあたらせる。

元上杉忍軍の軒猿で、謙信の命により兼続の守護を務めている。兼続が謙信の落胤であるという秘密を守るため、仲間の口さえ封じた壮絶な過去がある。以降、守秘のために敵の忍軍らと壮絶戦いを繰り広げる。

兼続の槍持ち。元々は鍛冶屋だったが、ならず者に妻とお腹の子を殺害され、仇討を決意。その戦いに兼続が助太刀してくれたことを縁に従者となる。また、幼少時の坊主修行中に兼続と交流を持った過去がある。

信長亡き後に全国統一を成し遂げた天下人。兼続の才能を見抜き、直臣に名を連ねることを所望するが、景勝との絆を理由に拒絶される。その後、全国統一の妨げとなり得る上杉家に様々な謀略を仕掛けてくる。

秀吉配下のくの一。荒くれ者や権力者にも物怖じしない豪胆な性格。遊女として安土に潜伏していたが、そこで出会った兼続に恋心を抱く。秀吉亡き後も兼続と交流を持ち、生涯を通じて深くかかわることになる。

徳川家康の家臣で後に徳川四天王、または徳川三傑と呼ばれた血気盛んな武将。戦国最強と呼ばれた武田の赤備えを継承し、強力な軍隊を組織。感情が高ぶると全身が真っ赤に変色し、“井伊の赤鬼”とも呼ばれた。

井伊直政の家臣。元は武田家の家臣で、信玄が全国に張り巡らせた情報網の要である隠密集団・三ツ者の一員であった。主君を失ってからは、直政の下で武田の赤備え軍団を継ぎ、まとめ上げる任を担っている。

兼続に仕える忍犬。元々は野犬の子犬だったが、兼続に拾われ“家臣”となった。その際、丁度忍犬にする犬を探していた次郎坊に預けられたくましく成長。立派な忍犬となり、次郎坊の窮地を救う。

上杉家の家臣。元々は景勝の実母・仙桃院が嫁いだ長尾政景に仕えていたが、政景の死後は景勝の家臣となった。上杉家の隠し銀山奉行を務めていた際、景綱から与六(後の兼続)を託され、我が子として育て上げた。

豊臣奉行衆であり敦賀城の城主。秀吉の寵臣で自身も深く忠義を尽くす義と仁に厚い武将。娘の督姫が北条に嫁いでいることを理由に小田原征伐を渋っていた家康に対し、自ら左目を潰すことで参陣を決意させた。

秀吉の信頼厚い抱えの乱破。山の民の長であり、忍びで知らない者はいないという丹波乱破の頭領。兼続に興味を抱き、折に触れてその動向を探る。佐渡の戦勝報告の際には、秀吉と兼続の連絡役を担った。

南佐渡の羽茂本間家当主。高統と佐渡の覇権を巡って争っている。しかし、佐渡平定に景勝が乗り出してくると強く反発し、表向きは高統相手に陣を構えながらも、裏では手を結んで上杉を陥れようとしている。

北佐渡の河原田本間家当主。元々は新発田重家を後ろ盾として、本間高季と佐渡の覇権を争っていた。しかし、新発田が上杉に滅ぼされるとてのひらを返し、表面上は恭順を示して景勝軍を佐渡に迎え入れる。

全国を巡り歩く女性宗教者・熊野比丘尼。佐渡攻めの際、兼続が奇策として招へいした。佐渡内部の情報収集に一役買ったほか、自らも尼僧たちを引き連れて参陣。また、佐渡平定後は現地遊郭の開祖となった。

秀吉に忠誠を誓う重臣。元々は小姓の一人に過ぎなかったが、本能寺の変後、秀吉が天下人として台頭すると、三成もその側近として頭角を現していく。義に厚く、兼続とは義兄弟の契りを交わしている。

石田三成の直臣。元々は秀吉の直臣で、秀吉から三成のもとに派遣された付け家老という立場だったが、後に三成に請われて直臣となり心から忠誠を誓う。義に厚く、最期まで三成に忠義を尽くした。

奥州伊達家の当主。若く気力にあふれているが、若さゆえの奔放な言動で軍師である小十郎を悩ませている。小田原攻めにあたっては、遅れて参陣したことを秀吉に責められるが、小十郎の機転で九死に一生を得る。

奥州伊達の軍師。正宗の右腕として手腕をふるい、豪快で奔放な主君の言動に手を焼きながらも、類まれな頭脳と機転でそれを支えた。秀吉の小田原攻めの際、兼ねてから興味を抱いていた兼続と邂逅し親交を持つ。

京の遊女。慶次とは昔馴染み。狼藉者の武士に謝罪を求められ、横に結ったまげで顔をそむけて頭を下げるという大胆な行動を。慶次は、天正17年に秀吉と謁見した際、この頭の下げ方で見事に傾き、秀吉を納得させた。